青い海の宇宙港 秋冬篇

川端 裕人

902円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    島原産の黒糖を燃料にしたキャンディロケットの打ち上げに成功した駆たちは、もっと遠く、宇宙のかなたまで届くロケットを打ち上げたいと思うようになる。そんな駆たちの思惑は島に波乱を呼びながらも、里親や日本宇宙機関職員など、頑なだった周りの大人たちの心を動かしていき……。はたして、島のみんなの想いを乗せたロケットは飛び立つのか? 絆と情熱に満ちた青春宇宙小説、いよいよリフトオフ! 解説=小川一水

    続きを読む
    • 青い海の宇宙港 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      青い海の宇宙港 全 2 巻

      1,760円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/09Posted by ブクログ

      宇宙開発,否,宇宙そのものにロマンを感じるのは,人の一生と比較したときの時間スケールの余りの違い,自分の矮小さを直截的に感じるからなのかも知れない.小学生で打ち上げた深宇宙探査機は中学,高校,を経ても...

      続きを読む
    • 2019/10/07Posted by ブクログ

      後編。
      熱い展開だし、面白くない訳ではないのだけれども…といった感じ。登場人物が多いから視点が分散されるのが合わなかったのかも。
      実際問題小学生だけで、深宇宙まで到達するものやロケットを作れるとは思わ...

      続きを読む

    セーフモード