青い海の宇宙港 春夏篇

川端 裕人

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小学六年生の天羽駆は一年間親元を離れ、豊かな自然とロケットの射場がある島で過ごすことに。小学六年生の天羽駆は親元を離れ、宇宙遊学生として、豊かな自然と最先端の宇宙関連施設が同居する多根島で一年を過ごすことになる。同じく宇宙遊学生の周太、萌奈美、島の同級生希実と宇宙探検隊を結成した駆は、日本宇宙機関職員の加勢遙遠や宇宙ベンチャー企業を営む温水兄弟との出会いをきっかけに、島で開催されるロケット競技会へ

    続きを読む
    • 青い海の宇宙港 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      青い海の宇宙港 全 2 巻

      1,760円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/17Posted by ブクログ

      科学に基づいた設定と描写による小さな宇宙輸送機打上を起点に,宇宙に夢を馳せる子供と大人が,似非ではない人間的に温かなドラマを織りなす.生きるために夢を持つことの重要性と,その夢が決して遠い絵空事である...

      続きを読む
    • 2019/10/01Posted by ブクログ

      川端さんは小学生を書くのが上手だなぁと思う。
      実際に居るかどうかは置いておいて。
      種子島がモデルなんだろうけど、確かにワクワクするだろうな~

    セーフモード