【最新刊】なぜカリスマ経営者は「犯罪者」にされたのか?

なぜカリスマ経営者は「犯罪者」にされたのか?

須田慎一郎

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    特捜部の思惑は、「巨悪追及」か「国策捜査」か。カルロス・ゴーン、堀江貴文、村上世彰……世を賑わせた平成経済事件は、限りなくグレーだ!戦後最大の経済事件といわれる「イトマン事件」。時代の寵児だった堀江貴文氏、村上世彰氏が逮捕された「ライブドア事件」「村上ファンド事件」。特捜部による証拠改ざんが明るみになり、一転して村木厚子氏が無罪となった「郵便不正事件」。そして、日産カルロス・ゴーン氏の逮捕……。平成は数々の経済事件によって彩られてきたが、果たしてその追及は公平・公正なものだったのか。なぜカリスマたちは標的にされたのか。ときにマスコミをも利用して世論を形成する、地検特捜部の「捜査」の内幕を、人気経済ジャーナリストが暴く。【目次】第一章 カルロス・ゴーン逮捕の背後にある「特捜部」の思惑第二章 「検察vs.財界」から読み解く平成経済事件史第三章 特捜部によって退場させられたカリスマ経営者たち第四章 「検察vs.安倍官邸」の暗闘に翻弄された面々第五章 ゴーン事件に見る「検察&マスコミ」の癒着

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/11
    連載誌/レーベル
    イースト新書

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード