【最新刊】気づけない毒親(毎日新聞出版)

気づけない毒親(毎日新聞出版)

著:高橋リエ

1,200円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高齢な毒親が増えている。その毒親に育てられた子どもが成人し、子どもを育てる世代になった今、こじれた親子関係の修復法を伝授する。「仲良し親子」「友だち親子」と呼ばれる親子が増えています。でも、実はそれが、知らず知らずのうちに子どもにとっての呪縛になっているケースがあるのです。「娘との関係はちゃんとできているから大丈夫」と思っている親ほど、実は娘が心に闇を抱えているケースが少なくありません。仲良しだった娘が急に離れていって、どうしていいのかわからない親たちの悩みも多く、また子育て世代になった娘が母との関係性に疑問を抱き、介護に影響をきたすケースも増えています。冒頭に「毒親チェックシート」を掲載。また著者のカウンセラー経験をふまえた豊富な具体例から、「今からでも遅くない」親子の新しい関係性の築き方を解説します。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/05
    連載誌/レーベル
    毎日新聞出版
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 気づけない毒親(...2019/11/04Posted by ブクログ

      毒親と言うスーザン・フォワードさんが書いた本を毒親に育てられた自分が読み、かなりきつい内容でしたが(泣)自分のためになり、もう少し自分と向き合いたいために、日本人が書いたこちらの本を読み始めました。
      ...

      続きを読む
    • 気づけない毒親(...2020/06/29Posted by ブクログ

      そもそも、毒親本人は、毒を放っていること自体に自覚が無い(愛情故と思い込んでいる)から、大きな困難に突き当たらない限り、この本にたどり着く確率は低いのかも...

      そこが、この毒親問題の根深さ。

      ...

      続きを読む
    • 気づけない毒親(...2020/01/20Posted by ブクログ

      毒親という言葉が広く認知され、私自身悩まされていることなので、対処方法を探りたく手に取りました。
      母と娘がメインで話が進みますが、父と息子に関しても出てきます。
      著者が苦しんできたことと、私が苦しんで...

      続きを読む
    開く

    セーフモード