【最新刊】異端者たちが時代をつくる

異端者たちが時代をつくる

松井清人

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【内容紹介】言いたいことも言えないこんな世の中に立ち向かう日本人がいた令和年代初の本格派ストーリー●「オウムの狂気」に挑んだ週刊文春●「神の手」と呼ばれた医師との闘い●日本人メジャーリーガーの意地とプライド●「宗教マフィア」への宣戦布告●未成年凶悪犯、そして実名報道の葛藤●「少年A」の両親にとっての22年「誇りを持つために戦うことも必要さ」【著者紹介】[著]松井 清人1950年、東京都生まれ。東京教育大学アメリカ文学科卒業。1974年、(株)文藝春秋入社。『諸君! 』『週刊文春』『文藝春秋』の編集長などを経て、文藝春秋社長。2018年、退任。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/04

    レビュー

    2.5
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/04/25Posted by ブクログ

       ビジネスの異端者という期待は裏切られたが、社会派の記事にまつわるエピソードは興味深いものが多かった。
       
       近藤誠氏の連載記事の要旨
      ①手術はほとんど役に立たない。
      ②抗がん剤が効くがんは、全体の一...

      続きを読む
    • 2019/09/09Posted by ブクログ

      元文藝春秋社長の著書。
      文春在籍時代に携わった、数々の事件から
      色々な意味で世間に衝撃を与えた事件報道
      の裏側を書いた作品。
      当然、暴露話的な物ではない。

    セーフモード