支配の構造

堤未果/中島岳志/大澤真幸/高橋源一郎

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    名著(古典)を通じ、メディアの本質に迫った『100分deメディア論』。放送後、話題を巻き起こし、視聴者から再放送リクエストが殺到。スタジオ番組としては異例となる「ギャラクシー賞」を受賞しました。放送から1年。「まだ語るべきことがあるのではないか」その思いから、気鋭の論客が再集結、番組放送からあらたな名著をセレクトし、日本の危機を徹底討論します。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/03/08Posted by ブクログ

      堤未果、中島岳志、大澤真幸、高橋源一郎の四人が、それぞれ好きな本を持ち寄って、解説した後、その本をめぐって対談するというものである。その選択は次の四冊。実のところどの本も読んでいない。

      堤未果が ハ...

      続きを読む
    • 2019/10/12Posted by ブクログ

       なかなか骨太の内容の本なんだが、とても読みやすい。
       4名の論客が、マスコミとメディアと世論の関係について、実に刺激的に論理を進めてくれている。しかも、その論理を進める際に引用しているのが、ちょいと...

      続きを読む
    • 2020/04/23Posted by ブクログ

      推薦者による解説から4人の対談形式で本を色々な切り口で語るのは古典のブックガイドとしては新鮮で面白かった。

    [{"item_id":"A002197661","price":"935"}]

    セーフモード