【最新刊】孤独こそ最高の老後

孤独こそ最高の老後

1冊

松原惇子

913円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    老後は孤独だと不安になりますか?健康(病気)、お金、人付き合い、人間関係、生きがい、終活などで。確かに、配偶者や子どもが近くにいれば、安心感があるかもしれません。でも、周囲に人がいるからこその不自由さや拘束があるのも否めません。実は、孤独こそが、至福の老後を約束します。何も驚かそうとして、そんなことを言っているわけではありません。著者の松原氏は、1000人以上の孤独老人を見てきた人物。机上の理論、1人の人間の偏った意見ではなく、実例を踏まえたうえで客観性が高く明快な提言ができる稀有な人物です。そんな松原氏が、孤独をうまく味方につけ、老後を幸福にする方法を提言します。さらに、孤独から逃れようとすることによる弊害も紹介。定年後の夫婦関係から、老人ホーム、後妻に至るまで、本当にあった悲劇をリアルに描きます。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/05
    連載誌/レーベル
    SB新書

    レビュー

    2.5
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/25Posted by ブクログ

      1947年埼玉県生まれ、松原惇子さん、ひとり女性の老後を応援する団体の代表理事だそうです。「孤独こそ最高の老後」、2019.7発行。タイトルの心境は私には理解できない感覚ですが、(基本的に寂しがり屋だ...

      続きを読む
    • 2020/02/15Posted by ブクログ

      1人でいることをあまり孤独と思わないのは、むしろ変なのかな?と思ってるんだけど、そんなわたしに、それでいい!と言ってくれるような本。日本人は学歴が高い人が多い割に自立(自分で考え自分で決めること)がで...

      続きを読む

    セーフモード