百の夜は跳ねて

古市憲寿

1,512円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    「格差ってのは上と下にだけあるんじゃない。同じ高さにもあるんだ」。高度200メートル。僕はビルの窓を拭く。頭の中で響く声を聞きながら。ある日、ふとガラスの向こうの老婆と目が合い……。境界を越えた出逢いは何をもたらすのか。無機質な都市に光を灯す「生」の姿を切々と描き切った、まったく新しい青春小説。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード