すべての鳥を放つ

四方田犬彦

2,160円(税込)
1%獲得

21pt(1%)内訳を見る

大学入学早々、セクトの活動家と間違えられたことから、自分の分身のようなその男の存在を意識しながら生きてきた瀬能。死んでも自分の残像は永久に残ると語っていた女と彼は再会するが、しかし彼女はすでに死んでいた。東京を離れ、パリ、アフリカと流浪する瀬能の魂は果たして解放されるのか。著者が初めて挑んだ小説。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード