神奈備

馳 星周

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    神様、ぼくはどうして生まれてきたんですか――。霊山・御嶽の麓の町で悲惨極まりない人生を送ってきた少年、潤。生きることの意味を問うために神の棲まう山、御嶽へ向かう。悪天候のなか、強力(ごうりき)の孝は書き置きを残し山に入った潤を捜索することに。神を求め信じる潤。長く山で暮らしながら神を信じぬ孝。大自然の猛威に翻弄されながら、二人が命の炎を熱く燃やす。哀哭の山岳ノワール。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      飲んだくれの母親と二人で暮らす17歳の潤は書き置きを残して御嶽山へと登る。
      彼が山へ登る理由は神様に自分が生まれてきた理由を問いたかったから・・・

      一方、飲んだくれの母親から子供が山に登った事を伝え...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      馳星周『神奈備』集英社文庫。

      一言で言うと、並みのレベルの作品。主な登場人物は御嶽山の麓の街で悲惨な人生を送っていた少年の芹沢潤と御嶽山で強力として働く松本孝の二人という一風変わった山岳小説である。...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      母親の愛情に飢え、何故生まれてきたのか、何故こんなに苦しまなければならないかを、御岳の山頂に現れると信じる神に直接問いかけるため無謀な登山を試みる主人公の少年と、いきなり彼の父親だと言われて戸惑いなが...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002196010","price":"671"}]

    セーフモード