海の見える理髪店

荻原 浩

594円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    主の腕に惚れて、有名俳優や政財界の大物が通いつめたという伝説の理髪店。僕はある想いを胸に、予約をいれて海辺の店を訪れるが…「海の見える理髪店」。独自の美意識を押し付ける画家の母から逃れて十六年。弟に促され実家に戻った私が見た母は…「いつか来た道」。人生に訪れる喪失と向き合い、希望を見出す人々を描く全6編。父と息子、母と娘など、儚く愛おしい家族の小説集。第155回直木賞受賞作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/11/06Posted by ブクログ

      荻原浩作品は、どこかコメディタッチのものしか読んだことがなかった。
      じんわりと切なく、人生を噛みしめるような作品に出逢えたことはラッキーだ。

      表題作は紆余曲折の過去を経て、海が見える田舎で理容室を営...

      続きを読む
    • 2019/07/31Posted by ブクログ

      荻原浩って、まだ直木賞とってなかったの!?!!

      …そう思った人は多いはず。
      (解説にも書いてありました!)

      しまった!
      この本は電車内で、出先で、他人のいる場所で読むべき本ではない。
      なぜなら、泣...

      続きを読む
    • 2019/08/27Posted by ブクログ

      舞台は理髪店、登場人物は理髪店店主と客の二人だけ。この作品にはカギ括弧でくくられたセリフが無く、店主と客の独白で語られて行く。
      ラストでなるほどとなる訳だけれども、カギ括弧のセリフと地の文で書かれるよ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002196003","price":"594"}]

    セーフモード