【最新刊】経済で読み解く日本史 明治時代

経済で読み解く日本史 明治時代

著者:上念司

712円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    教科書が教えない「経済の掟」が歴史を作った!お金の流れが物語る、まったく新しい視点の日本通史。文庫版で5冊同時発売!人々は経済的に困窮すると、過激思想に救済を求める。金本位制は通貨供給不足になりやすいデフレレジームのため、世界経済は繰り返し恐慌に見舞われ、そのたびに過激思想が台頭した。秩禄処分への不平士族の「お金の恨み」が日本を対外戦争に駆り立て、新聞に煽られた世論はやがて英米と離反・対決する道を選んでしまう。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/01
    出版社
    飛鳥新社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2019/11/17Posted by ブクログ

      上念氏の本は以前から読んでいたのですが、最近ネットにて「経済で読み解く日本史」のシリーズとして全5巻セットが文庫本で出ていることを知りました。文庫本なので持ち運びがしやすく、どこででも読めて助かります...

      続きを読む
    • 2020/07/28Posted by ブクログ

      シリーズ4冊目。
      明治維新から日露戦争までの経済の流れだけでなく、なぜ清やロシアと戦争に進んだのかも分かりやすく説明してくれている。
      お隣の国もこの頃からクレーマー体質だったことも書かれていたりと非常...

      続きを読む

    セーフモード