経済で読み解く日本史 安土桃山時代

著者:上念司

699円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    教科書が教えない「経済の掟」が歴史を作った!お金の流れが物語る、まったく新しい視点の日本通史。文庫版で5冊同時発売!織田信長は日本の統治形態を変え、戦国時代と中世を終わらせた。画期的な経済政策は豊臣秀吉に受け継がれ、明の貨幣制度および国際貿易体制の大変化に日本はようやく追いつく。秀吉は天下統一の勢いのまま征明を目指すが、そこには大きな落とし穴が待っていた。

    続きを読む

    レビュー

    4
    5
    5
    1
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/07Posted by ブクログ

      6月に入手して9月に②巻かあ
      一度読んだ気になっているから
      改訂後も手がでないな

      戦国時代の国際関係は興味深い
      「銀の島」って本が面白かったな

    • 2019/08/19Posted by ブクログ

      貨幣の観点から歴史を視る点が相変わらず面白い。秀吉の朝鮮出兵についてすっきりとした意見がまとめられている。ただし、マニラに出兵すべきであったなどと言う怪しい主張もあるし、明や朝鮮について客観性に欠ける...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/08/13Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード