森下雨村 小酒井不木~ミステリー・レガシー~

ミステリー文学資料館(編)

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1920年創刊の「新青年」は、江戸川乱歩をはじめ数多くの作家を輩出した名雑誌であり、初代編集長の森下雨村は日本の探偵小説の生みの親と称される。その雨村が作家として見出した小酒井不木も専門の医学研究に材をとった、すぐれた評論や小説を著し、現代ミステリーの源流となった。この両者の“遺産”ともいえる傑作長短編を収録した読み応え充分の一冊!

    続きを読む
    • ミステリー・レガシー 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ミステリー・レガシー 全 2 巻

      1,925円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    • 森下雨...
      評価がありません

    • 同シリーズ
      5(1件)
    5
    1件
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビューコメント(0件)

    コメントが公開されているレビューはありません。
    作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、
    みんなに見てもらいやすくなります!

    森下雨...のレビューを投稿する

    セーフモード