【最新刊】いるいないみらい

いるいないみらい

お得

1冊

著者:窪美澄

1,540円1,078円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    話題作『トリニティ』『じっと手を見る』著者作品!いつかは欲しい、でもそれがいつなのか、わからない。夫と二人の快適な生活に満足していた知佳(35歳)。しかし妹の出産を機に、彼の様子が変わってきて……「1DKとメロンパン」妊活を始めて4カ月が過ぎた。時間がないとあせる妻に対し、夫の睦生(34歳)は……「無花果のレジデンス」独身OLの茂斗子(36歳)は、単身者しか入居していないはずのマンションで子どもの泣き声を聞いて……「私は子どもが大嫌い」子どもがいてもいなくても……毎日を懸命に生きるすべての人へ、そっと手を差し伸べてくれる、5つの物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/06/28
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.8
    30
    5
    7
    4
    12
    3
    10
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/20Posted by ブクログ

      【未来は不確定】明日という朝が来るだけで幸せ。そう思える夫婦でいられたら十分幸せじゃないかなぁ。子供のいる、いない、欲しい、欲しくない男女の短編集。「金木犀のベランダ」「無花果のレジデンス」が好き。旅...

      続きを読む
    • 2019/12/15Posted by ブクログ

      子供がほしい、ほしくない、なんていう葛藤にスポットを当てた短編集。
      窪美澄さんの本は、重くて長いのが多いけど、これは短編でさらっと読めた。
      心の機微を過剰にクローズアップすることなく淡々と書かれている...

      続きを読む
    • 2019/12/10Posted by ブクログ

      結婚しているけど、いないみらいの私には共感と刺さりまくりの物語であった。夫婦における、子供いる?いらない?の短編集。人生の大きな選択肢。思い悩む登場人物たち。「こうしなさい!」と突き付けるのではなく、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード