出身成分

著者:松岡圭祐

1,728円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

    脱北者の証言に基づく――貴方が北朝鮮に生まれていたら、この物語は貴方の人生であるこの国に生を受けただけなのに、希望はどこにある――平壌郊外の保安署員クム・アンサノは11年前の殺人・強姦事件の再捜査を命じられた。犯人として収容されている男と面会し記録を検証するが、捜査の杜撰さと国家の横暴さを再認識するだけだった。実はアンサノの父は元医師。最上位階級である「核心階層」に属していたが、大物政治家の暗殺容疑をかけられ物証も自白もないまま収容されている。再捜査と父への思いが重なり、アンサノは自国の姿勢に疑問を抱き始める。そしてついに、真犯人につながる謎の男の存在にたどりつくが……。鉄壁な国家が作り出す恐怖と個人の尊厳を緻密に描き出す、衝撃の社会派ミステリ長編。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    5
    5
    1
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/13Posted by ブクログ

      北朝鮮が舞台の社会派ミステリ。

      言葉が出ない…。
      出身成分=北朝鮮独自の階級制度。どの階層に属するかで全てを左右される人生にまず言葉が出ない。

      そして過去の事件の再捜査に乗り出す主人公の保安員アン...

      続きを読む
    • 2019/08/28Posted by ブクログ

      北朝鮮が舞台のミステリー。普通なら一気に読んで読書の喜びを得られたはずだが、今の私の気分に全く合わず…すみません。
      また落ち着いたら読み直したい。

    • 2019/08/12Posted by ブクログ

      北朝鮮保安署員クム・アンサノは過去の強姦事件の再捜査を命じられる。アンサノは父の影響により、南(韓国)や世界に目が向き、絶対的な北朝鮮の思想に反する考えを持っていた。北朝鮮の身分に関することを絡めた社...

      続きを読む
    開く

    セーフモード