川っぺりムコリッタ

荻上直子

1,296円(税込)
ポイント 12pt

通常ポイント:12pt

「なんで生まれてきちゃったんだろうって、ずっと思っていました」“ひとり”が当たり前になった時代に、映画監督・荻上直子がろくでもない愛すべき人々のアパート暮らしを描く、書き下ろし長編小説。高校生の時に母親に捨てられ、知り合いの家や建設現場を転々とし、詐欺で入った刑務所で30歳を迎えた山田。出所後に海の近くの塩辛工場で働き始めた彼は、川べりに住みたいと願い、ムコリッタという妙な名前のアパートを紹介される。そこには図々しい隣人の島田、墓石を売り歩く溝口親子、シングルマザーの大家の南など、訳ありな人々が暮らしていた。そんな山田に、役所から一本の電話がかかってきた。幼い頃から一度も会っていない父親が孤独死したので、遺骨を引き取ってほしいという――。ずっと一人きりだった青年は、川沿いの古いアパートで、へんてこな仲間たちに出会う。友達でも家族でもない、でも、孤独ではない。“ひとり”が当たり前になった時代に、静かに寄り添って生き抜く彼らの物語。

続きを読む

レビュー

0
0
5
0
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/07/21Posted by ブクログ

    「カモメ食堂」という映画が好きで、この作者はその映画の監督です。昭和の臭いがする安アパートに暮らす貧乏な奇人たちと元犯罪者の交流を通して、本当の幸せって何か?。生きるとはどういうことなのか?を問うよう...

    続きを読む

セーフモード