見晴らしガ丘にて それから

完結

近藤ようこ

815円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    入院した父親を介護するために、二度と帰るつもりのなかった「見晴らしガ丘」に戻ってきた沙也加は、子どもの頃に通ったおにぎり屋が、まだ営業していることに気がついて――。第15回(1986年度)日本漫画家協会賞・優秀賞を受賞した『見晴らしガ丘にて』から三十余年。東京近郊の住宅地で“今”を生きる人々を描いた近藤ようこの連作シリーズ、待望の単行本化。プロローグとエピローグに「宇宙爺」(前・後)を描き下ろし。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード