銀河核へ 上

著:ベッキー・チェンバーズ 訳:細美遙子

1,119円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    故郷を失った地球人類は、多様な種族が共存する銀河共同体(GC)に加盟を許され、弱小種族ながら繁栄を享受していた。宇宙船〈ウェイフェアラー〉は、超光速航行のためのワームホール、通称“トンネル”建設専門の作業船である。多種族混成の寄せ集め乗組員とつぎはぎだらけのこの中古船に、GC政府から突如舞い込んだ大仕事──銀河系中心部(コア)への新航路となる長距離トンネルを掘れ、というのだ! かくして彼らは、未踏の宙域への長い長い航海に乗り出した。個人出版から熱狂的な人気を博し、ヒューゴー賞、クラーク賞候補となった傑作スペースオペラ!

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/23Posted by ブクログ

      戦闘空域との交流(トンネル掘り)と事件とその結論は、現在のアメリカを彷彿とさせます。トランプを支持している人たちはこうなんでしょうね‬
      ‪とにかく事件よりも乗組員のグダグダを読ませる小説で、DS9を思...

      続きを読む
    • 2019/07/24Posted by ブクログ

      前半戦終了。
      まずまずかな、ヴォルコシガン比0.7くらいってとこで。

      後半で大団円になるのか、それとも「次回の講釈にて」になるのか?

    セーフモード