バッシング論(新潮新書)

先崎彰容

799円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    人間社会を善悪で二分したがる知識人、右も左も議論の底が抜け落ちた言論空間、異論を排除するだけの飽くなき他者否定、情報化社会への適応を叫ぶ教育論議――いったいなぜ、日本人はこれほど余裕を失ってしまったのか。くり返されるバッシングに浮かびあがる社会の構造変化をとらえ、異様なまでに「マジメ」な人たちであふれた「美しい国」の病根をえぐりだす。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード