新宿二丁目(新潮新書)

伏見憲明

902円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東西約三百m、南北約三百五十mの区画の中に、三百をはるかに越えるゲイバーと、女装系、レズビアン系バーがひしめきあう新宿二丁目。「二丁目」として海外でも有名な、世界最大の多様性を抱えるこの街は、一体なぜ、どのようにして、いつ頃からそうなったのか。自身、そこでゲイバーを経営する著者が、関係者への丹念な取材を積み重ね、知られざる歴史を浮かび上がらせる。決定的街場論。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      私は2年前から新宿二丁目に通っているのだよ。
      本当に興味深くて。
      通うようになったきっかけは、私の好きな人(超ノンケ男性)が二丁目に連れて行ってくれたことなんだけどね。

      タイミングよくというのか、約...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      新宿二丁目の成り立ちを、関係者への取材や過去に出された研究書を元に明らかにしていく。新宿二丁目について「ある程度知っている人」に取っては面白い内容だけれど、二丁目に関して全く知らない人に取ってはやや難...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      会社に献本されていて何気なく手に取ったのだけど、知らないことだらけだった。三島由紀夫やら美輪明宏やらガンガン出てきて、文豪の集うバーからゲイバーが生まれ、さらに吉祥寺のジャズ文化の起源となるのもここだ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002192888","price":"902"}]

    セーフモード