社会学入門・中級編

社会学入門・中級編

著:稲葉振一郎

2,090円(税込) クーポン利用で1590円獲得へ
1%獲得

20円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,590(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/10/31 23:59 まで有効

獲得

本書は2つの『社会学入門』(有斐閣ストゥディア・NHKブックス)の「続編」である。理論から調査へと研究ストラテジーのトレンドが移りゆくなかで,いま学問が進みうる道とはいかなるものか。人文書読者のための再入門から,社会学初学者のステップアップまで。[目次]はじめに第1章 なぜ因果推論なのか?第2章 社会学における「質的調査」と「量的調査」第3章 「社会変動の一般理論」から「質的社会調査」へ第4章 媒介項としての「合理的主体性」第5章 対面的・コミュニカティヴな質的社会調査の意味第6章 人工知能による社会(科)学?第7章 エピローグ──社会学の道を歩むには参照文献読書案内あとがき

続きを読む