【最新刊】むかしむかしあるところに、死体がありました。

むかしむかしあるところに、死体がありました。

青柳碧人

1,144円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    昔ばなし、な・の・に、新しい!鬼退治。桃太郎って……え、そうなの?大きくなあれ。一寸法師が……ヤバすぎる!ここ掘れワンワン。埋まっているのは……ええ!?「浦島太郎」や「鶴の恩返し」といった皆さんご存じの《日本昔ばなし》を、密室やアリバイ、ダイイングメッセージといったミステリのテーマで読み解く全く新しいミステリ!「一寸法師の不在証明」「花咲か死者伝言」「つるの倒叙がえし」「密室龍宮城」「絶海の鬼ヶ島」の全5編収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/06/21

    レビュー

    3.5
    98
    5
    18
    4
    33
    3
    37
    2
    8
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/05/08Posted by ブクログ

      荒唐無稽である(^ ^;
      何せ舞台は「昔話」の世界(^ ^;

      桃太郎やら浦島太郎やらの、誰もが知ってるお話の
      ストーリーをなぞりつつも、視点を変え、
      書かれていない部分を妄想で補い、
      こねくり回して...

      続きを読む
    • 2019/05/18Posted by ブクログ

      誰もが知っている昔話の世界で起こる殺人事件の謎を解き明かすミステリ短編集。コミカルでブラック、そしてしっかりとミステリ。あんなものやこんなものをトリックに使っちゃう楽しさも魅力です。
      お気に入りは「つ...

      続きを読む
    • 2019/07/03Posted by ブクログ

      これは着眼点に拍手。昔話×ミステリの答えが理想的。

      最初の「一寸法師の不在証明」のアリバイトリックに心を掴まれる。あの打ち出の小槌が…。そして「花咲か死者伝言」にはダイイングメッセージ?「つるの倒叙...

      続きを読む
    開く

    セーフモード