【最新刊】ソロエコノミ―の襲来

ソロエコノミ―の襲来

荒川和久

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本は「超高齢国家」である以上に、「超ソロ国家」である――最新の国勢調査において、独身者人口が65歳以上の高齢者を約1200万人も上回っていることが判明した日本。もはや人口減少は避けられない状況で、人口を増やすことよりも、この現実を直視する必要が出てきています。本書は、TV出演も多い独身研究家が、静かに到来した、独身者を中心とした経済社会(ソロエコノミー)を徹底分析。●ファミリー層を凌駕する独身の消費●独身のオタクがアイドルのグッズよりもお金をかけていること●通用しなくなった「世代論」●広告を嫌うのに広告にハマりやすい●ソロ男特有の「足し算消費」●「コト消費」ももう古い●人口も消費も現代の日本とそっくりな江戸時代……など、気づいているようで気づかない日本の消費にまつわるトピックが盛りだくさん!現代を生きるすべてのビジネスパーソン必携の一冊です!!【著者プロフィール】荒川 和久(あらかわ かずひさ)独身研究家。早稲田大学法学部卒業。独身生活者研究の第一人者として、テレビ・新聞・雑誌など国内外の幅広いメディアで活動中。数多くの企業マーケティング業務を担当する他、アンテナショップ・レストラン運営も手掛ける。著書に『超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃』(PHP新書)、『結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男」のリアル』(ディスカバー携書)などがある。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/06/25
    連載誌/レーベル
    ワニブックスPLUS新書

    レビュー

    • 2020/07/05Posted by ブクログ

      江戸時代はソロ社会だったというのは面白かった。家族という単位の神格化は明治維新後ということ。今のソロが増えた社会は、安心安定のコミュニティは失われ、接続するコミュニティ、一個人の中にある多様性に応じて...

      続きを読む
    • 2019/05/24Posted by ブクログ

      第3章までと第7章を読めばOK♫

      ・結婚数の減少は経済構造の変化を齎す
      ・2015年のソロ率は41%
      ・ソロ社会の内訳は、15〜50代までの未婚男性と、60歳以上の離別死別女性
      ・ソロは購買意欲が高...

      続きを読む

    セーフモード