わが家は幽世の貸本屋さん―あやかしの娘と祓い屋の少年―

著:忍丸 イラスト:六七質

748円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    現世とは別にある、あやかしが跋扈するもう1つの世界〈幽世〉。そこに幼い頃に迷い込んでしまった夏織は、幽世で貸本屋を営む変わり者のあやかし・東雲に拾われ、人の身でありながらあやかし達と暮らしている。そんな夏織は、ある日、行き倒れていた少年・水明と出会う。現世で祓い屋を生業としているという彼の目的は「あやかし捜し」。あやかしに仇なす存在とはいえ、困っている人を放っておけない夏織は、ある事情で力を失ってしまった彼に手を貸すことにするのだが――。

    続きを読む

    レビュー

    2.5
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/23Posted by ブクログ

      幽世というあやかしの世界で育てられた人間の娘夏織と、祓い屋をしていた水明が出会う。水明は、自分が使役していた犬神のクロを探していた。舞台は幽世の貸本屋。短編小説のようにほっこりした話しが続く。キャラが...

      続きを読む
    • 2019/06/28Posted by ブクログ

      タイトルと表紙で気になって、あらすじを読んだら名前が。買いました。笑

      素材は良いのだけれど、調理がもう少し…!(引用)

    セーフモード