地震予測は進化する! 「ミニプレート」理論と地殻変動

村井俊治

734円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    熊本地震を解析して得た「新発見」とは? 東日本大震災以降も、日本各地に大きな地震が頻発している。しかも、熊本、大阪北部、北海道東部など、発生地はランダムだ。だが、政府や地震学者は「南海トラフ」「首都直下」など特定の地震だけを対象にして「●年以内の発生確率は●%」という占いレベルの警告を発するだけである。いま求められているのは、「根拠と実効性のある地震予測技術」の確立だ。有料会員約5万人の「MEGA地震予測」を毎週発信する著者が、近年の画期的な研究成果を世に問う!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード