【最新刊】教育激変 2020年、大学入試と学習指導要領大改革のゆくえ

教育激変 2020年、大学入試と学習指導要領大改革のゆくえ

池上彰 著/佐藤優 著

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2020年度、教育現場には「新学習指導要領」が導入され、新たな「大学入学共通テスト」の実施が始まる。なぜいま教育は大改革を迫られるのか。文科省が目指す「主体的・対話的で深い学び」とはなにか。自ら教壇に立ち、教育問題を取材し続ける池上氏と、「主体的な学び」を体現する佐藤氏が、日本の教育の問題点と新たな教育改革の意味を解き明かす。巻末には大学入試センターの山本廣基理事長も登場。入試改革の真の狙いを語りつくした。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/06/14
    連載誌/レーベル
    中公新書ラクレ

    レビュー

    • 教育激変 2020年...2019/05/19Posted by ブクログ

      2019/5/19
      大学入試のあり方や教育の今後のあり方についての池上さんと佐藤さんの対談形式の本。
      対談形式だったのでとても読みやすかったです。
      内容に関してはというと、2020年の大学入試改革や、...

      続きを読む
    • 教育激変 2020年...
      ネタバレ
      2019/04/27Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 教育激変 2020年...2020/09/07Posted by ブクログ

      何かと話題の新テストですが、このお二人が論じると一味違います。オウムの話まで出てくるとは思いませんでした。新テスト導入が教育改革の一環であるならば、そもそも教育がどうあるべきか、そして教育は何のために...

      続きを読む
    開く

    セーフモード