報道事変 なぜこの国では自由に質問できなくなったか

南彰

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「はい、次の質問」。露骨な圧力、質問妨害、時間削減── 閣僚はじめ政治家の会見で何が起こっているのか。政治部記者として歴代官房長官を500回以上取材した著者が、「もう自由に質問できない」この国の今に警鐘を鳴らす。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 2020/02/21Posted by ブクログ

       朝日新聞という事で拒否感を持つ人が多いのだろうが、あながち間違っていることを言っているわけではないのが真実。

       結局、我々受け手側は自分の都合の良いスタンスで情報を取る時代になってしまい、各ステー...

      続きを読む
    • 2019/08/22Posted by ブクログ

      河野外相が質問を無視して「次の方どうぞ」を繰り返した出来事は何気に大きな出来事だったと思います。報道を一方的に無視する事が出来、それについてマスコミが騒がないという状況は、緊迫した世界情勢と憲法の問題...

      続きを読む

    セーフモード