【最新刊】婿殿開眼十 一抹の福

婿殿開眼

著:牧秀彦

737円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    宿敵との最後の決戦!そして愛妻にある変化が――。好評の時代剣戟シリーズ、堂々完結!無実の罪で囚われた名与力・仁杉五郎左衛門が獄中で非業の死を遂げた。仲間から経緯を聞いた笠井半蔵だったが、謹慎中のため身動きが取れない。歯噛みする半蔵に、思わぬ人から救いの手が差し伸べられ、真相を突き止めることを決心する。宿敵・三村兄弟との最後の決戦が間近に迫るなか、愛妻の佐和に変化が起きていた――。好評の人気剣戟シリーズ、堂々完結!〈目次〉第一章 名与力死す第二章 半蔵、再び立つ第三章 男たちの覚悟第四章 三角決闘の夜第五章 父として終章  武州にて

    続きを読む
    提供開始日
    2020/10/09
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    歴史・時代
    • 婿殿開眼 全 10 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      婿殿開眼 全 10 巻

      7,293円(税込)
      72pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • 2020/11/03
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2020/10/29
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2019/10/27

      すごく頭に入りやすく、先が読めて面白い
      この作者さんとは肌合いが良いのだと思う

      この作品一度読んでる~
      書き直しをしてタイトル変化で気が付かなかった

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード