【最新刊】これからは別れのお時間です~薬屋兄弟と疫病神の縁直し~

これからは別れのお時間です~薬屋兄弟と疫病神の縁直し~

葵居ゆゆ

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    病神体質が死にたがり兄弟を救う!?態度が大きくて怖い小学生、イケメンだけど得体の知れない恐ろしさを醸す店主、そして人間じゃない客が来る薬処――。別れはね、すべきときに、しなくてはいけないんですよ――。関わる人に不幸を招く疫病神体質で、大学進学を機に親戚宅を出た譲吉。だが上京当日に下宿は燃え、再会した幼馴染のすず子の家は突風で半壊してしまう。途方に暮れる譲吉が紹介されたのは作家・七雲静宅。出入りする小学生の舞人は静の兄だというし、副業の薬処の客は人じゃない。譲吉を招き入れたのは「不幸を呼び込んで静を死なせてほしい」から――!?佐倉ハイジ・装画

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/01
    連載誌/レーベル
    二見サラ文庫

    レビュー

    • 2019/07/29Posted by ブクログ

      表紙のイラストでは青くて爪の長い不気味な大きな手が描かれていたので妖し退治の話だと勝手に思っていたら大違い。
      人間の小学生の男の子と、血の繋がりのない他人であるはずの不思議な小説家の七雲、そして不運を...

      続きを読む
    • 2019/07/17Posted by ブクログ

      疫病神体質。そんなのある訳...。と言いたいけれど、実際に色々なことが起きる。全てが譲吉のせいではないかもしれないけど、そうでないとも言いきれない。そんな状況、怖いよなぁ。とつくづく思った。
      そんな体...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002187797","price":"770"}]

    セーフモード