絵を見る技術 名画の構造を読み解く

秋田 麻早子

2,035円(税込)
1%獲得

20pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    同じ絵を見ても、プロと素人では、見ているところが違っていた!? ★予約殺到! 大人気のビジネスマン向けビジュアルリテラシー講座、待望の書籍化! ・なぜ、この絵に惹きつけられるのだろう? ・この絵の主役はど  こ? ・前情報なしに、どう見たらいいの? ・バランスや構図が良いとか悪いとか、みんな何を見て言っているの? ちゃんと絵の中にヒントがあるんです。センスがなくても、知識がなくても、目の前の絵画を「自分の目で見る」、そして「良し悪しを判断する」ことは、できるんです。謎を解くカギは、ぜんぶ絵の中にあります。絵の研究は、「意味」と「形」の二本柱。この本では、これまであまり触れられてこなかった、「造形」の面から歴史的名画を見ていきます。描かれたモノを「見る」ためには、少し見方を訓練していないと気づかないものです。ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ルーベンス、ベラスケス、フェルメール、ゴッホ、セザンヌ――超有名なあの名画、知られざるあの傑作、どう見たらいいか迷う抽象絵画、20世紀を代表する写真まで――どう見たらいいか、初めて分かるようになります。たくさんのカラー作品が練習問題。はじめて見る絵でも、パズルを解くように絵を読み解いていく面白さ、味わってみませんか? 「どういう絵に対しても使える本書で紹介した絵の見方は、コンパスのような役割を果たしてくれるはず。名画がどうして名画と呼ばれるのか。今まで見ようとしなかった真実が、きっと見え始めるでしょう」――著者

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード