P+D BOOKS 小説 太宰治

檀一雄

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    “天才”太宰と駆けぬけた著者の青春回想録。作家・檀一雄は太宰治の自死を分析して、「彼の文芸の抽象的な完遂の為であると思った。文芸の壮図の成就である」と冒頭から述懐している。「太宰の完遂しなければならない文芸が、太宰の身を喰うたのである」とまで踏み込んでいる。昭和八(1933)年に太宰治と出会ったときに「天才」と直感し、それを宣言までしてしまった作家・檀一雄。天才・太宰を描きながら、同時に自らをも徹底的に描いた狂躁的青春の回想録。作家同士ならではの視線で、太宰治という天才作家の本質を赤裸々に描いた珠玉の一編である。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード