【最新刊】したたかに愛を奪え【イラスト付】

したたかに愛を奪え【イラスト付】

藤森ちひろ/稲荷家房之介

629円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

十億の借金のカタに九曜会の若頭・多岐川に買われた凛。彼からの借金を苦に亡くなった両親の復讐を誓うが──「摘んで、擦ってみろ。そうだ、感じるんだろう?」支配者の傲慢さで命じる多岐川に、淫薬に侵された粘膜を玩具で嬲られ、淫らな体に躾られた。恥ずかしくて、怖くて、屈辱だった。けれど無慈悲に苛まれた夜、抱きしめられて慰撫するように撫でられると心地いい。酷い男のはずなのに、眩しいものを見るかのようなまなざしが、くちづけが、甘く優しく思えて…。愛を奪う、征服欲。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2019/06/08
連載誌/レーベル
プラチナ文庫

レビュー

  • 2007/06/03Posted by ブクログ

    ヤクザ×大学生のお話。借金のカタに十億円でヤクザの多岐川に買われてしまった大学生の凛。
    ぶっきらぼうな多岐川の愛し方と、彼に愛されていることになかなか気が付かない凛がもどかしくも、良かったです。

  • 2010/09/19Posted by ブクログ

    十億の借金のカタに九曜会の若頭・多岐川に買われた凛。彼からの借金を苦に亡くなった両親の復讐を誓うが──「摘んで、擦ってみろ。そうだ、感じるんだろう?」支配者の傲慢さで命じる多岐川に、淫薬に侵された粘膜...

    続きを読む
  • 2008/11/29Posted by ブクログ

    借金の肩に身を買われた凛。
    乱れに乱れまくる。
    挿絵が萌え。ストーリーは割と単純明快だが、個人的にはサクサク読めて、そこそこ楽しめた。

開く

セーフモード