キャバレー

著者:栗本薫

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    音楽の神に愛された美青年、矢代俊一。恵まれた家庭、一流大学。その全てを捨て彼が選んだのは、場末のキャバレー。本物の音楽を知りたい、その欲求に突き動かされ演奏する俊一に、暴力団幹部の滝川は魅了される。俊一の音楽がいかに好きかを告白する滝川に、次第に絆されていく俊一。しかし仲間の裏切りにより、俊一は滝川の組からその身を狙われることに。殺せばいいと強がる俊一に、葛藤する滝川は……。天才への憧憬とどうしようもない現実をその筆であざやかに切り取って見せた、栗本薫の名作!

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    3
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/01Posted by ブクログ

      今年に入って、母がしきりに栗本薫さんの話をしてた時期があった。その頃、ちょうどこの本を三省堂書店で見かけ、縁を感じたので読んでみた。

      ジャズ界の偉大な先人たちよりも人生経験が乏しいことを気にしながら...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/04/27Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/01/18Posted by ブクログ

      本物のジャズを希求し、敢えて猥雑なキャバレーに身を置く若きサックスプレイヤー・フルート奏者の矢代。そのサックスの音色に何かを感じ取った暴力団の男・滝川との奇妙な交流から始まる、熱くてクールなジャズ小説...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002185569","price":"748"}]

    セーフモード