ニセモノの妻(新潮文庫)

三崎亜記

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    「もしかして、私、ニセモノなんじゃない?」妻と思ってきた女の衝撃的な一言で始まったホンモノの妻捜し。けれど僕はいったい誰を愛してきたのだろう(「ニセモノの妻」)。ある日、仲睦まじい夫婦の妻だけが時間のひずみに囚われてしまった。共に明日を迎えられない彼女のために夫がとった行動は――(「断層」)。その他、非日常に巻き込まれた4組の夫婦の、不思議で時に切なく温かな短編集。(解説・中江有里)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード