【最新刊】謎とき『風と共に去りぬ』―矛盾と葛藤にみちた世界文学―(新潮選書)

謎とき『風と共に去りぬ』―矛盾と葛藤にみちた世界文学―(新潮選書)

鴻巣友季子

1,144円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『風と共に去りぬ』は恋愛小説ではない。分裂と融和、衝突と和解、ボケとツッコミ――高度な文体戦略を駆使して描かれたのは、現代をも照射する壮大な矛盾のかたまり。全編を新たに訳した著者ならではの精緻なテクスト批評に、作者ミッチェルとその一族のたどってきた道のりも重ね合わせ、画期的「読み」を切りひらく。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/06/14
    連載誌/レーベル
    新潮選書

    レビュー

    レビューコメント(13件)
    • 謎とき『風と共に...
      2020/07/14

      新潮文庫で既に『風と共に去りぬ』の訳を手がけられた、鴻巣友季子さんの『風と共に去りぬ』論。100分de名著の名講義をオンデマンドで見て、すごく面白かったので、これまたようやく退院が見え始めた頃に病室で...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 謎とき『風と共に...
      2021/02/08

      映画の印象が強すぎる作品を読み解いていく面白さ。10代の頃読んだ時は映画のシーンを思い返すだけであったことを痛感(映画に出ない人物の存在すら読み飛ばしていた模様)鴻巣訳も買い揃えたので近々読み返す。

      Posted by ブクログ
    • 謎とき『風と共に...
      2019/07/29

      真面目な真面目な「風と共に去りぬ」評。
      これまでの通説を覆す、世間の評価は間違ってる、との評論だけどこれまでの通説を知らないのだから、その辺はなんとも感情移入しにくい。
      でも、まぁ、面白かったよ。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード