海と山のピアノ(新潮文庫)

いしいしんじ

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    「四国って土地だから行政からほっといてもらえるのかもしれない」二年に一度、村の全員で住む場所を移す「村うつり」。私は“足”を澄ませ、移った故郷を探す(「ふるさと」)。三崎の若い漁師達は遭難し、マグロになった。海に飛び込もうとする彼らを叱咤したのは船頭の大マグロ。励まされ、必死に漁を続けると――(「野島沖」)。生も死もほんとうも嘘も。物語の海が思考を飲みこむ、至高の九篇。(解説・彩瀬まる)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード