【最新刊】ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。

ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。
1冊

著:幡野広志

1,620円(税込)
ポイント 16pt

通常ポイント:16pt

「34歳のときに治らないがんの告知を受けた。後悔はない。それは、すべてを自分で選んできたからだ。」 家族、友人、仕事、お金、自分の居たい場所、そして生と死。命を見つめ続けてきた写真家が、大切にしてきた「選ぶ」ということ。 生きにくさを超えるために、自ら「選ぶ」ことの意味を、強くやさしいことばで綴る。「生きにくさを感じている人に、生きやすさを感じてもらえることを願って――。」

続きを読む

レビュー

4
13
5
6
4
3
3
3
2
1
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2019/07/06Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • ネタバレ
    2019/07/02Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • ネタバレ
    2019/06/30Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
もっと見る

セーフモード