むらさきのスカートの女

今村夏子

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性が気になって仕方のない〈わたし〉は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で彼女が働きだすよう誘導する。『あひる』『星の子』が芥川賞候補となった話題の著者による待望の最新作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/08/12Posted by ブクログ

      今村夏子の作品のなかだと、「ピクニック」(『こちらあみ子』所収)に近い。叙述トリックに近い、語りの、不定の感触――発言している語り手はかなり本気で語っているのであろう(ひとつの現実が語られる)、という...

      続きを読む
    • 2019/12/30Posted by ブクログ

      恋でも憧れでも研究でもなく、誰かを見続けるということ。そのまなざし。誰かを見ている視点から語られる小説ってデミアンにしてもホームズにしても、「見られている」側が主人公のことが多くて、最初はそう思ってた...

      続きを読む
    • 2020/03/07Posted by ブクログ

      第161回 芥川賞受賞作
      おもしろかった~
      実に面白かった~
      最初からずっとおもしろかった~
      どんどん興味が沸いてきて
      むらさきの女のことが知りたくって
      その不思議な魅力に魅了されて
      彼女と「ともだち...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002184071","price":"1100"}]

    セーフモード