小説花丸 君じゃなきゃ、イヤなんだ~臆病者の恋~ 第3話

完結

西門 白松/イラストレーター

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    相変わらず弥彦の素性はわからないまま、避けるように仕事に逃げ込むノア。聡い弥彦のこと、きっとノアの様子が変だと気付いているだろうに、そのことに何も触れてこない。それがかえってノアを苦しめた。そして年末も迫ったある日、会社がらみのパーティに出席したノアは、その壇上で意外な人物を見てしまう。そこにいたのは、間違いなく弥彦で!? 真の弥彦を知ったノアは、傷付き会場を逃げ出そうとするが――。甘え上手な年下男子が、包容力で年上美人の心の傷をいやす、こじらせ年の差LOVE。ハッピーな最終話!(「君じゃなきゃ、イヤなんだ~臆病者の恋~ 第3話」はウェブ・マガジン小説花丸 Vol.62に収録されています。重複購入にご注意ください)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード