【最新刊】子どもの能力は9歳までに決まる

子どもの能力は9歳までに決まる

著:大久保博之

1,386円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    茨城県の教育委員会委員長も歴任した大久保氏は、脳科学を教育現場で活用しつづけてきた経験と、40年間で5万人を育ててきた実績から、極めて重要なことが1つわかったといいます。それは、教育でとにかく大切なのは「9歳」まで、ということです。「9歳」までの教育と、「9歳」からの教育を、「うまく切り替えられるかどうか」で、子育てのほとんどが決まるというのです。では、なぜ9歳なのでしょうか?それは、子どもの脳には「才能」を伸ばす時期というのがあらかじめ決められているからです。その時期を「臨界期」といいます。この臨界期が「9歳」だとわかったのです。近年、ちょうど小学校に上がるタイミングで、急に勉強しなくなったり、内向的になる子がますます増えています。いま問題になっている「小1プロブレム」とも無関係ではありません。著者の大久保氏は「そんな現状をなんとかしたい!」と一念発起し幼稚園と小学校の一貫校、「幼小一貫校」を全国で初めて立ち上げ、「9歳」で学習スタイルを分ける教育を現場で実践しつづけています。その結果、想像をはるかに超えた効果が生まれています。本書ではそれらの教育実績に基づき、家庭でも簡単に実践できるよう、超具体的なノウハウを惜しみなく掲載しています。もちろん、10歳以降の学習についても解説しているのでご安心ください。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/28

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 子どもの能力は9...
      2020/08/28

      とても良かった!!

      学力というのは、「脳の器の大きさ」と、「器に盛るごはんの量」で来ます。
      そして器の大きさを大きくできるのは9歳まで。

      8歳と18歳時点のIQは同じ。

      人間の進化の過程で、
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 子どもの能力は9...
      2019/06/14

      教育はエビデンスに寄るものが少なく、経験からくるものが多い。本書ももう少しエビデンスによる論理を明確にしてほしかった。

      高学年までは体験を通じての学習は賛成

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード