【最新刊】令和を生きる 平成の失敗を越えて

令和を生きる 平成の失敗を越えて

1冊

著:半藤一利 著:池上彰

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    平成元年、ベルリンの壁とともに世界秩序も崩壊したことに気づかず、バブルに浮かれていた日本人。バブル崩壊後も、相次ぐ大災害と長きデフレにより、目先の生活を守ることに追われて、志向はさらに内向きに。そして日本は、理念を持たない「戦争ができる国」となり、「デマと差別が溢れる国」となった。その姿は、国際社会から取り残され、無謀な戦争に突き進んだ戦前の日本とあまりに重なる。過たずに済む分岐点はどこだったのか。昭和史研究の泰斗と現代を代表するジャーナリストが、平成の失敗を徹底的に検証した白熱対談。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/29
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4.7
    4
    5
    3
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/11Posted by ブクログ

      平成について識者が語るとこんなに面白いか、と感心した。半藤氏は多くを昭和まで遡っている。
      二人共に、客観的な事実と身近な体験を元に語っているので説得力がある。昭和史の泰斗たる半藤氏が悠仁親王に歴史の講...

      続きを読む
    • 2019/08/26Posted by ブクログ

      以前から両氏の著作は追いかけてはきたけれど、まさかこの2人が対談して、それが1冊の本になるとは思わなかったよ。ざっくり平成30年間を振り返る内容で、手に取る前の期待は裏切られなかった。おなじみの池上解...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/08/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード