【最新刊】人間の本性

人間の本性
1冊

著:丹羽宇一郎

820円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    コンピュータやAIは目まぐるしく進化しているが、それらをコントロールする人間ははたして進化しているといえるだろうか。年を重ねても人を妬んだり恨んだりと自己中心的な他人を見て落胆しつつ、同様に成長していない自分に愕然とする。このような人間の心のあり方は時代が変わっても普遍的なテーマであることに変わりはなく、だからこそ古今東西の哲学者が「人間とは何か」を探求し続けているのだ。この深遠な問いと人間の生き方について伊藤忠商事前会長、元中国大使で稀代の読書家でもある著者が、その豊富な人生経験から考察した一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/29
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    3.7
    7
    5
    0
    4
    5
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/19Posted by ブクログ

      そんなに大それたことは書かれていない。


      コンピュータやAIは目まぐるしく進化しているが、それらをコントロールする人間ははたして進化しているといえるだろうか。年を重ねても人を妬んだり恨んだりと自己中...

      続きを読む
    • 2019/08/07Posted by ブクログ

      人間とは何者なのかを語った本。経験談なので仕方がないが、仕事と心の流儀の内容とかなり被っている。
      幸せとは何か、人間の本質とは何かをわかりやすい事例を使って説明しており非常にわかりやすい。血尿が出るま...

      続きを読む
    • 2019/08/01Posted by ブクログ

      気持ちのいい生き方/自分は本当にベストを尽くしているだろうかということを、絶えず自問する/的外れな努力は意味がない/小さな達成感を積み重ねることが、モチベーションを持続させるコツ/自発的に仕事をすると...

      続きを読む
    開く

    セーフモード