【最新刊】人間の本性

人間の本性

1冊

著:丹羽宇一郎

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    コンピュータやAIは目まぐるしく進化しているが、それらをコントロールする人間ははたして進化しているといえるだろうか。年を重ねても人を妬んだり恨んだりと自己中心的な他人を見て落胆しつつ、同様に成長していない自分に愕然とする。このような人間の心のあり方は時代が変わっても普遍的なテーマであることに変わりはなく、だからこそ古今東西の哲学者が「人間とは何か」を探求し続けているのだ。この深遠な問いと人間の生き方について伊藤忠商事前会長、元中国大使で稀代の読書家でもある著者が、その豊富な人生経験から考察した一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/29
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    3.9
    10
    5
    1
    4
    7
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/19Posted by ブクログ

      本書では、丹羽氏の経験談から人間とは何か、どう生きるべきかという壮大なテーマが語られている。

      皆弱さを抱え、悩みながら生きている。
      自分の選択に不安を覚えて、揺らぐことも多い。
      しかし、このような感...

      続きを読む
    • 2019/09/08Posted by ブクログ

      人間は死ぬまで未完成、人は悩みがあるから生きていける、最後に自分の人生を振り返って悔いが残らないように生きる、努力ができるのは人間の証等について解説。また、目先の損得にとらわれず、清く、正しく、美しく...

      続きを読む
    • 2019/09/01Posted by ブクログ

      伊藤忠商事の生え抜きで、バブル崩壊直後の大変な時期に社長であられた著者。

      著者はちょうど私の父親と同じ歳。80歳。

      社会を構成する一員として、ちゃんと理解しておくべき「人間」というものを、経験豊富...

      続きを読む
    開く

    セーフモード