妻語を学ぶ

著:黒川伊保子

815円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    アドバイスしただけなのに「もういい!」と逆上される、「仕事と私(家族)、どっちが大事なの!?」とからまれる……。男性にとって永遠の謎である女の不機嫌は18種類に分類でき、そのすべてに対処法がある。そもそも男女のコミュニケーションギャップの多くが、男女脳の相違に起因している。共感を求める女性脳を理解して、優しいひと言をかけられれば、一発で妻の機嫌はよくなる、はず。本書は、人工知能研究者が脳科学の見地からすぐに実践できる具体例を示した究極の指南書。

    続きを読む

    レビュー

    2
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/08/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/06/28Posted by ブクログ

      この本こそ女性蔑視ではないか、と思えるほど、女性セリフをカテゴライズすることでその対処法を教科書的に並べるということが、店先にぬいぐるみを並べて勝手にそのキャラをポップ書きするような気持ち悪さがある。...

      続きを読む

    セーフモード