【最新刊】マドンナ・ヴェルデ(新潮文庫)【電子特典付き】

マドンナ・ヴェルデ(新潮文庫)【電子特典付き】

1冊

海堂尊

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    美貌の産婦人科医・曾根崎理恵、人呼んで冷徹な魔女(クール・ウィッチ)。彼女は母に問う。ママ、私の子どもを産んでくれない――? 日本では許されぬ代理出産に悩む、母・山咲みどり。これは誰の子どもか。私が産むのは、子か、孫か。やがて明らかになる魔女の嘘は、母娘の関係を変化させ……。『ジーン・ワルツ』で語られなかった、もう一つの物語。新世紀のメディカル・エンターテインメント第2弾。※【電子版あとがき】をはじめ、ストーリー上の出来事が一目でわかる【桜宮年表】や【作品相関図】、小説・ノンフィクション作品の【海堂尊・全著作リスト】、小説作品の【「桜宮サーガ」年代順リスト】など数々の電子版特典を巻末に収録!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/31
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.3
    75
    5
    5
    4
    28
    3
    34
    2
    7
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/02/19Posted by ブクログ

      「 ママ、私の子どもを産んでくれないー? 」
      冒頭から、なんと!びっくりするフレーズに度肝ぬかれてしまった。
      日本では近年、代理出産は賛否両論激しいテーマであるが、この作品を読み進めると女性の視点で切...

      続きを読む
    • 2019/09/28Posted by ブクログ

      「チーム・バチスタ。。。」の作家さんですね
      内容は代理母出産話!
      見たことも聞いたこともないお話の数々
      閉経後に女性ホルモンの貼り薬で生理が来るとか
      代理母出産すると、法律上の母は卵子提供者でなく実際...

      続きを読む
    • 2019/07/10Posted by ブクログ

      代理母というテーマで興味深く読んだ
      子どもが産めない体という所は理解できるが、当たり前になってしまうと それを拒否する母親は 非難されてしまうのではないか
      理恵さんは娘としても医者としてもちょっとこわ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード