【最新刊】擬態の殻 刑事・一條聡志

擬態の殻 刑事・一條聡志

1冊

麻見和史

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    腹部を切り裂かれ、手錠を詰め込まれた遺体。仲間との交わりを絶った、警視庁捜査一課五係の一條は捜査に走るが、やがて自分を取り巻く不穏な雰囲気に気づく。そんな中、第2の殺人事件が起こり……。大人気作家による、書き下ろしシリーズ第1弾。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/31
    連載誌/レーベル
    朝日文庫

    レビュー

    3.7
    4
    5
    0
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/05Posted by ブクログ

      裂かれた腹部に手錠をねじ込まれた刑事の遺体が発見される。捜査一課の一條は新人の女刑事福地を組むが、ルールを無視して、一人で捜査を開始する。そして更に同様な手口の事件が発生する……。話としては面白い。し...

      続きを読む
    • 2019/09/25Posted by ブクログ

      「一度何かを疑い出したらキリが無い」、そんな一言が零れそうな内容でした。信頼という言葉は簡単には言えないものだと考えてしまいました。最後まで内容が明かされていない部分もあったので、この作品もシリーズ化...

      続きを読む
    • 2019/07/27Posted by ブクログ

      麻見さんの描く登場人物にしては少し斜めというか世の中に擦れた感じの主人公。
      それぞれ個人が持つ「正義」とはなにか。正しさとは何かなと考えてしまう。
      それぞれ自分のやり方が100%正しいというわけではな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード