【最新刊】世界の美しさをひとつでも多く見つけたい

世界の美しさをひとつでも多く見つけたい

2冊

著:石井光太

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界がひっくり返るほどの感動をしたからこそ、なんとしてでも人にそれを伝えたい――。その一心だけを胸に日本を飛び出し、スラム、事件現場、被災地など国内外様々な場所へ赴き、ひたすら現地で生きる人びとと交わり、その記録を生業にした、いま最注目のルポルタージュ作家が初めて綴った、感動的かつ革新的な人生訓。いかなる惨状の中でも必ず希望を見出し生き抜く人間の生命力から、これからの日本に必要なことを問う。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/09
    出版社
    ポプラ社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4.5
    10
    5
    6
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/12Posted by ブクログ

      貧困を主なテーマにデビューしてはや14年。物乞う仏陀を読んだ最初の衝撃は今でも思い出せます。
      自分から現地の人々に立ち交って、泥と汗にまみれて取材するスタイルの出来たいきさつや、子供の頃から今に至るま...

      続きを読む
    • 2017/06/15Posted by ブクログ

      ルポルタージュ作家の石井光太さんの本。何冊か著者の本を読んでいるがなぜ彼がこの職に就いたのか、何を考え何を伝えたいのかが良く分かる本。
      著者の本は胸に迫るような様々な悲惨な出来事を伝えてくれる。その中...

      続きを読む
    • 2016/11/01Posted by ブクログ

      人はなぜ生きるのか。
      なぜ貧困のどん底や差別、戦争とそれに起因する犯罪、人権破壊など生きることすら苦痛な絶望の中でも人は生きれるのか。
      それを筆者なりに描いた作品だと思う。

      どんなにこの世の中に絶望...

      続きを読む
    開く

    セーフモード