【最新刊】平安ガールフレンズ

平安ガールフレンズ
1冊

著者:酒井順子

1,620円(税込)
ポイント 16pt

通常ポイント:16pt

「人が眉毛を抜くときの顔ってなんともいえないよね」と日常を切り取る天才だった清少納言は、歌道の家に生まれ、「私はあえて歌なんか詠まない」と宣言し、随筆で結果を残したロックな女だった――。 『枕草子』の清少納言、『紫式部日記』の紫式部、『和泉式部日記』の和泉式部、『蜻蛉日記』の藤原道綱母、『更級日記』の菅原孝標女。今から1000年以上前に生きた女性たちは、一体どんな悩みを抱え、どのような恋愛をし、いかなる人生を送ったのだろう? 日記や随筆などの作品を読み解けば、彼女たちの性格が手にとるように見えてくる!【誰とガールズトークしてみたい?】「あるある」の元祖、女子に人気のリア充 清少納言ねっとり濃厚な性質、内に秘めるタイプ 紫式部負けず嫌いな“出家してやる詐欺”美女 藤原道綱母平安の“中二病”夢みる物語オタク 菅原孝標女モテと才能に恵まれるも、なぜか不幸体質 和泉式部

続きを読む

レビュー

3.6
3
5
1
4
0
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/07/01Posted by ブクログ

    古典作品の導入としてとても手軽で面白く興味深ったです。きっと対象となる作品をきちんと読んだ後にもう一度楽しめる気がしています。
    少し作者の中での贔屓といいますか、私はこの作者の方が友達にするならタイプ...

    続きを読む
  • 2019/06/12Posted by ブクログ

    清少納言、紫式部、藤原道綱母、菅原孝標女、和泉式部について語られた古典エッセイ。「『枕草子』は、そんな彼女のリア充アピールの舞台でした。自身の知性やウィット、そしてモテっぷりを披露し、「いいね!」と言...

    続きを読む
  • 2019/06/08Posted by ブクログ

    サカジュンの平安ものは好きだが、ちょっとこれは焼き直し感が強いかも。菅原孝標女は個人的には割と幸福だったんじゃないかな〜と思うし、お友だちになりたい感じだ。低血圧そうな和泉式部も好き。サラサラ読めてし...

    続きを読む

セーフモード