ストーリー

著:ロバート・マッキー 訳:越前敏弥

3,199円(税込)
1%獲得

31pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ハリウッド関係者が全員読んでいるストーリーテリングの必読書であり、19カ国語で翻訳された物語創作のバイブル『Story(原題)』が新訳でついに刊行!伝説的シナリオ教室の講師が、あなたの創作人生を変える!ロバート・マッキーは30年間世界中を飛び回り、脚本家、小説家、劇作家、詩人、ドキュメンタリー作家、プロデューサー、演出家を育成してきた。受講生には数多くのアカデミー賞・エミー賞受賞者がおり、門下生にはピーター・ジャクソン監督やピクサーの脚本チームが名を連ねるなど、ハリウッドの脚本家たちにとってマッキーの講座は成功するための登竜門となっている。この伝説的なセミナーの内容を一冊に凝縮した本書では、脚本家が学ばなければならないストーリーの普遍的な「型」を解説するとともに、キャラクター造形の方法、または物語に必須の「事件」の描き方とその設定の仕方を徹底的に掘り下げている。特に、読者が目から鱗が落ちるように感じるのは、これまでの「脚本術」ではストーリーとキャラクターは別々であるかのように扱われていたフシがあるのに対し、本書が「ストーリーの構造とキャラクターとは等しいものである」と強く主張する点ではないだろうか。さらに、ストーリーを創作する上で物語の内容にふさわしい「形式」をどのように与えるか(選択するか)ということを詳説している。本書では、セミナーの内容をマッキーの熱弁のまま再現しており、その切れ味鋭い断言の数々は読む者に疑問を抱かせる余地はない。本書で論じるのは原則であって、ルールではない。本書で論じるのは永遠に変わらない普遍的な型であって、公式ではない。本書で論じるのは元型(アーキタイプ)であって、紋切り型ではない。本書で論じるのは綿密さであって、近道ではない。本書で論じるのは現実であって、執筆にまつわる種明かしではない。本書で論じるのは技術の習得であって、市場の予測ではない。本書で論じるのは観客へのリスペクトであって、侮蔑ではない。そして、読者にとって一番気にかかる不安にも断言している。本書で論じるのは独創性であって、模倣ではない!ストーリーに必要な「型」を学ぶことによって、真のオリジナリティを引き出す技術は、脚本家だけでなく、小説家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家、あらゆるタイプのストーリーテリングに新たな視点を提示する至上の手助けとなるだろう。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード