【最新刊】脳人間の告白

脳人間の告白

高嶋哲夫

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    想像してみて下さい。ある日、「脳」だけで生かされることになった自分を……何てことをしてくれたんだ!十メートル四方の部屋を舞台に繰り広げられる、前代未聞の衝撃作!本書は『浮遊』を改題したものです。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/24
    連載誌/レーベル
    河出文庫
    出版社
    河出書房新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2019/04/30Posted by ブクログ

      交通事故で身体を失い、脳だけで生きる(生かされる)ことになった本郷医師の話。

      人間とは何か、生と死とは何かという哲学的なことを考えながら読んでいかざるをえない小説。発想自体は昔からあるネタではあるも...

      続きを読む
    • 2019/04/25Posted by ブクログ

      高嶋哲夫『脳人間の告白』河出文庫。

      著者は思い出せないが、大昔に読んだ子供向け海外SF小説『生きている首』を思い出した。

      脳神経の最先端研究者にしてK大学医学部の医師である本郷は妻と同乗中の自動車...

      続きを読む
    • 2019/05/07Posted by ブクログ

      申し訳ないけれど、星2つ。理由は、脳だけが健全な状態で生きながらえてしまった主人公の物語にしたことで、かえって、人の生は何で定義されるか、人の死は何で定義されるべきか、が軽くなってしまったためだ。この...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002177371","price":"792"}]

    セーフモード